みなさんこんにちは、いかがお過ごしですか?

都内は急に気温が下がってきて、朝方に寒くて目が覚めるという気候になってきました。本格的な冬に入りましたね。

さて、そんな寒くて縮こまっちゃいそうなときに聴いていただきたいのが、11月14日に発売されました超特急さんと3rdアルバム「GOLDEN EPOCH」です。

年末にかけてツアーをされている超特急さんですが、メンバーひとりひとりのキャラクターの濃さと、8号車と名付けたファンの方々と熱く盛り上がるライブが想像できます。元気で、気分の上がる楽曲のイメージがついているかもしれません。

そんななか、今回オススメの楽曲「霖雨」、は静かに胸に広がっていく1曲になっています。

「霖雨」は「りんう」と読み、その意味は、何日も降り続く雨、です。アルバムの中でも静まり返った中から聞こえてくるような音、聞く人の記憶の中から、寂しかったこと、会いたい人、後悔していること、など、そっと心に仕舞ってきた感情を思い起こさせる曲調になっています。

ボーカルは優しく、でも、秘めている気持ちを絞り出すように切ない声で、大切だった人の面影を探して、求めている、そんな風景が呼び起されます。

時間も気持ちも雨と一緒に降りつづけていて終わることなく大切な人の温度をまだ探している、でも霞んでいってしまう。どうしようもない喪失感の途中にいる気持ちを教えてくれています。

賑やかで華やか、かっこいい、という印象のグループの曲の中でも、まっすぐに切なさと愛しさを表現した楽曲になっています。

今回のアルバムでは、新時代の幕開け、と呼びたくなるほどの「Time of GOLD」、ファンの方たちへのメンバーの想いが詰まっている「8号車との歌」も収録されており、年末から年明けにかけて、新たな気持ちでまた強い気持ちで過ごしていける楽曲も聞くことができます。

寒い寒いと言いながら、たくさんの感情で心と体を温めてくれる超特急さんのアルバムをぜひ聴いてみてくださいね。

では、また次回お会いしましょう~