みなさま、いかがお過ごしでしょうか。東京は、本日は猛暑日になっています。30度でもう暑いなぁと思っているのが、最近では35度とか、東海地方では40度というのを見て、東京も年々気温が上がり過ぎていませんか…と内心呟いています。コンクリートいっぱいの東京暑いですほんとに。

さて、東京東京言っていますが・・・

今回のオススメの1曲は、7月4日に発売されましたTokyo 7th シスターズさんのニューアルバム「THE STRAIGHT LIGHT」に収録されている「14歳のサマーソーダ」です。

 

Tokyo 7th シスターズとは?と思う方もいらっしゃると思うので、少しご紹介します。

Tokyo 7th シスターズ、というのは配信されているアイドル育成&リズムアドベンチャーゲームのことです。ナナシスと呼ばれています。50人の少女たちをプロデュースしていくのですが、新しい少女との出会いがあり、ドキドキするシュチュエーションがあり、少女たちをより良くしていくための悩みがあったり、と深く長くプレイしたくなるものになっています。

ゲームといえど、コミカライズされていたりたくさんの楽曲がリリースされていたり、多方面からハマれるものになっています。おもしろいのが、とてもリアリティがあること。

もちろん少女たちはゲームではあるのですが、アイドルを育成していく中で、パフォーマンスをする劇場があったり、それぞれの個性が発揮できるユニットグループがあったり、ユニットグループの中でも伝説的な立ち位置がいたり、実際のアイドルでもこんな感じなのでは、と思える展開がたくさんあります。

 

そして何よりもファンを楽しませているのが、楽曲です。ユニットの魅力を大きく感じられる幅広い楽曲があり、実際に行われるライブに足を運ぶファンも多いです。

今回の「14歳のサマーソーダ」は、3人組のユニットであるサンボンリボンさんが歌っている楽曲です。

今日のように30度超えで雨上がりのような湿気を感じる日にピッタリの曲です。

遠くで鳴っているような音と近くで囁くような音が重なり合っていて、景色をぜんぶ包み込んでいるような音色です。ワンピースを着た女の子が髪を揺らして駆けていくようなリズムです。

14歳とあるように声はとてもかわいらしい女の子の声で、聞いているとかわいくて耳が照れてしまうような感覚になります。それなのに、かわいいポップだけではなく、女の子が口にだせない初恋のような本音、自分にしか分からない恋しい思い出、それが急に全身に蘇ってくる瞬間を教えてくれます。でも切ないだけじゃない悲しくはしないソーダの爽やかさとポップさが混じっているので、とても優しい気持ちになれます。

 

男性方はぜひこれを聞いて、乙女心、というのを感じてもらえたらいいなと思います!

ぜひ7月のテーマソングにしてください☆

ではまた次回お会いしましょう〜。