みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

ゴールデンウィークも終わり、五月病と言ってもらえる時期も過ぎ、なんだかお仕事にぐったり、という方も多いのではないでしょうか。ここ数日は、昼間は真夏日のような気温なのに夜になると冷え込んで風が冷たい、といった感じで謎にカラダがぐったり、という日もあるかと思います。

さて、そんな時にちょっとトキメキと癒しをくれる曲を今回ご紹介したいと思います。女性は恋愛をしているような気持ちになれますし、男性が聴いても、こういうふうに接すると女の子に優しくできるかも、という発見もある曲たちです。

ご紹介するのは、5月16日に発売されましたB-PROJECTのユニットであるMooNsのニューシングル「GO AROUND」です!

B-PROJECTとは?という方のために少し紹介しますと、総合プロデュースを西川貴教さん、企画・原作を志倉千代丸、キャラクターデザインを雪広うたこさんが手がけているアイドルプロジェクトで、2016年にアニメが放送されました。所属アイドル全員が、レコード会社ガンダーラミュージックと契約しているという設定で、一人一人が個性的なキャラクターで、当時からたくさんのファンがいるプロジェクトです。キャラクターの声優さん方も大人気の方ばかりで、ライブでは、声優さんの生の歌声とキャラクターの映像がともに楽しめる空間となっています。

そのB-PROJECTの中のユニットのひとつがこのMooNsです。MooNsのユニット名はメンバーのイニシャルからつけられているもので、曲としてはライブでも盛り上がる正統派のポップスで、王道系アイドルユニットです。

今回の「GO AROUND」はMooNsの4枚目のシングルです。シングルでありながら収録曲は6曲と、ファンに嬉しいボリュームのある内容になっています。

M1「GO AROUND」

シングルの表題曲で、メンバー全員での楽曲です。リズムの取りやすい馴染みのある曲調に、ライブで歌われたら声援をおくりたくなるようなノリやすい1曲です。男女の愛情のはじまりから今までを思い起こすような内容で、これまでの記憶をすべて大切にしようと思わせてくれます。キャラクター一人一人の声も感じながら、好きなキャラのところでは思わずキュンとしてしまいます。MooNsが気になったら外せない1曲になりそうです。

 

M2「Daytime star」増長和南(cv.上村祐翔)

男の子のかわいい心の中を垣間見れる一曲。大切な女の子に向けられた歌詞で、聴いていると、守ってもらえるような気がして、でも引っ張ってくれるところも嬉しくなります。

 

M3「Movin ‘on」音済百太郎(cv.柿原徹也)

これからも自分らしくやっていこうと思える一曲。迷うことも、このままでいいのかなと感じることもあるけれど、報われない毎日でも自分の気持ちに素直でいたい、きっと未来は開けるはず、と教えてくれます。

 

M4「Let’s have Fun♪」王茶利 暉(cv.森久保祥太郎)

ペンライトや手を挙げてジャンプしたくなるような一曲。はやくライブで聴きたいと思っているファンの方も多いはず。優しい声の中に弾ける少年のような魅力を感じられます。まだまだ楽しいことあるよ、と思える1曲です。

 

M5「Never Surrender」野目龍広(cv.大河元気)

男らしさに触れられる楽曲。生バンドで聴いてみたくなるかっこいいアレンジで、一人の男性が運命を前にしても大切なものを見つけて進んで行く強さを見せてくれる一曲です。

 

M6「Breath」釈村帝人(cv.増田俊樹)

これからの季節、晴れた日に歩きながら聴きたくなる楽曲。少し弱気になってる女の子に、僕は分かるよ、こういうことだよね、もう1回進んでみよう、走り出してみよう、と優しく背中を押してくれる一曲です。

 

キャラクターらしさ、ファンの人に向けて大切に歌われている曲が詰まっていますので、ぜひ聴いてみてください!

ではまた次回お会いしましょう〜。