みなさんこんにちは・こんばんば!いかがお過ごしでしょうか。

気づけば今日はクリスマスイブということで、ケーキを食べたりイルミネーションを見たり家族や恋人と仲良く過ご・・・以下略。

と、クリスマスらしいことを私もしたいぞ、ということで、クリスマスケーキを作ってみたり。

実家に、テーブルに置けるクリスマスツリー(本物の木)を送りつけてみたり

そんなクリスマスを過ごしています。

クリスマスというとクリスマスソングがどこもかしこも流れているわけですが、私がもう10年以上前から毎年この時期になると聴く曲があるんです。

AKB48さんの「クリスマスがいっぱい」です。

みなさんがパッと思い浮かぶAKB48さんのクリスマスソングと言ったら、「ノエルの夜」かもしれないし「予約したクリスマス」かもしれないし「とっておきクリスマス」かもしれないのですが、この「クリスマスがいっぱい」もとても良い曲なので、まだ聞いた事がないよって方はぜひ聞いてみてください。

曲のはじまりからシャンシャン鈴の音が聞こえて、あれ?トナカイ来ちゃってる?っていうわくわくした気分になれますし、歌詞の内容も誰かと待ち合わせをしてドキドキしながら待ってる、という気持ちにぴったりです。何より、歌詞のA,Bの箇所は、「クリスマス」という言葉を使わないで、クリスマスの街や人々を表現しているので、詞をやっている方は一度チェックしてみるとヒントがあるかもしれません。

 

クリスマスは、子供が欲しいものをサンタさんに欲しい欲しい欲しい!と言っても怒られないし、女性が男性にジュエリーをおねだりしても不自然じゃないし、男性が女性に照れくさいことを言ってもサマになるし、なんならサンタ帽をかぶっても超ミニスカートを履いてもトナカイを着ぐるんでもいいという、自分を解放しても罪なんてない季節だなと感じます。

罪なんてないといえば!

実はbless4さんのライブでダンスやコーラスで参加している友人が初めてオリジナル曲を配信するというので、詞を書かせてもらいました。「INNOCENCE」といタイトルになっています。はじまりらしい雰囲気で、間奏にダンスをするので全身で伝えたくなるもの、ということで1年くらい前に書いてました。何かを始めるときは怖いし、緊張もするし、女の子なので見た目や年齢も気になるし、でも「進む決意に罪なんてない」ということで、本人の背中も押せたかなと思います。配信になったらぜひ聞いてみてくださいね。(写真は前にZeppTokyoのイベントで歌っていたときのものを拝借)

 

そして!

ショートショートフィルムフェスティバル&アジアの小説版ブックショートさんに先月から掌握小説が掲載されてます。今回はブックショートさんとアース製薬さんのプロジェクトでEarth Act For Life Awardになっています。

アース製薬さんからは入浴剤が発売されているのですが、その入浴剤をお風呂に入れようとしている瞬間の女性について書きました。タイトルは「ローズ・ハッカ・ジンジャー」です。こちらもぜひごらんください。

//bookshorts.jp/earth_act_for_life_award_20170955r (http:をつけて)

 

というわけで、今年もあと少し、クリスマスが終われば街は一気にお正月になるんですよね。ラストスパートかけつつマイペースで私もがんばれたらと思います。みなさんも、ゆっくりしたり、大掃除・断捨離・帰省・お仕事、がんばってください。

私のコラムは来年も続きます(たぶん!)、今年も大変お世話になりました。私にとっては詞で特別な年になりました。作曲の方々、編曲の方々、他の作詞家さん、いつもアドバイスをしたり小言を聞いてくれる人、色々な人たちのおかげです。いつもありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。

では、また次回お会いしましょう😳