みなさまこんにちは!

いよいよ寒くなってきて冬になってきましたがお元気でしょうか。寒いと部屋で布団にくるまっていたり、ごろごろしてみかんを食べたり、というのが理想なのですが、うきうきする曲やじっくり聴ける音楽があると一段といいですよね。

さて、今回おすすめするのは、11月15日に発売されたばかりの、田村ゆかりさんのアルバム「Princess ♡ Limited」です!

 

このアルバムは、田村ゆかりさん自身発足のレーベル「Cana aria(カナリア)」からの、はじめての作品となっています。すでにパーソナリティーを務めているラジオ「田村ゆかりの乙女心♡症候群」でオープニングテーマとなっている「Hello Again」 、エンディングテーマとなっている「Lost Sequence」が収録されており、リスナーの方々にとっては待ちに待ったアルバムになっています。

 

田村さんといえば、「ひぐらしのなく頃に」「魔法少女リリカルなのは」「桜蘭高校ホスト部」「アイドルマスター」など、アニメやゲームに詳しくなくても聞いたことある、というくらい有名な作品で活躍しています。幅広い役を演じる声優さんであることに加えて、音楽では、恋愛をさわやかに優しく歌っているアーティストさんです。

 

アルバム「Princess ♡ Limited」から特におすすめなのが、「ガラスの靴にMoonglow」「囀りのない部屋」です。

 

「ガラスの靴にMoonglow」、田村さんらしい高い明るい声で、階段を少し早足で降りていくようなテンポの曲になっています。

 

恋愛の歌で、ガラスの靴、というとよくありそう、と思ってしまいそうですが、この曲はひと味違っていて、溶けた流れ星、月のベランダ、など、ファンタジーのようでありながら、詞では少し切なさを感じられるのがたまらないところです。

moonlightではなく、moonglowというのも、照らす月の光が少し強いイメージで、恋心をまっすぐ感じさせられます。ふたりだけの恋愛だから、あなたなら私を見つけてくれるはず、ちゃんとはやく見つけてね、という、田村さんのかわいい声にぴったりな曲です。

 

「囀りのない部屋」も、恋愛の歌ですが、「ガラスの靴にMoonglow」の見つけてねという気持ちとはガラッと変わって、風もない・声は震え・涙の棘・罅、など哀しい言葉が多く、寂しさが募っていて終わりの直前のような気持ちを感じられます。

曲調は軽やかで、風が部屋をぐるっと一周しているような、その場の空気をさらってくれるような気持ち良さがあるのですが、詞と溶け合って、ぐるぐるとした気持ちがどこかへ向かいたがっているようにも聞こえます。あなたのどこかに触れちゃいけない、見てはいけない、でも私の悲しみはちゃんと触れていて、忘れないで、まだきっと一緒にいられる、そんな気持ちにさせられます。

 

この2曲以外にも田村さんのキャラクターが全開のものや、ファンの方が嬉しくなるような曲がたくさん収録されています。今youtubeでは「14秒後にキスして」のShortVerが公開されているので、一度見てみると魅力が伝わると思います。

この曲は、クリスマス前の今の時期にも合う、キラキラした音が散りばめられています。アルバムの1曲目らしい、これからゆかりワールドがはじまる!!幕が光を放ちながら開いていく!!という感覚になります。聴いてて照れちゃうようなセリフの声も最高です。

 

ということで、今回は田村ゆかりさんの「Princess ♡ Limited」をご紹介しました!

 

ファンの方はもちろん、まだあまり聴いたことがないという方にもおすすめです☆

ではまた次回お会いしましょう!!