みなさんこんにちは。

少し暖かくなってきたかな、と思ったら北風が冷たかったり、昼間は陽射しが気持ちよかったりで、三寒四温かな、という時期になりましたね。いかがお過ごしですか。

さて、今回のオススメのトコロ、は、HKT48さんの「バグっていいじゃん」(作曲:ジマエモン)、AKB48 Team A 7th stage DVD「M.T.に捧ぐ」収録曲「始まる。」「コピー&ペースト」(作曲:菅井達司)をご紹介します!

まずは、HKT48さんの「バグっていいじゃん」(作曲:ジマエモン)です。

bug

こちらはHKT48さん9枚目のシングルとして2月15日に発売されました。アニメのオープニングテーマにもなっていたので発売前から耳にでき、多くの音楽番組でも披露されていたので、たくさん聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この曲の素敵なところは、子供でも大人でも踊り出したくなるような分かりやすいリズムがポイントと思います。ひとつひとつの音をはっきり聞き取ることができ、それにのせた歌詞も簡単ながらメッセージ性の強いものになっています。

ファンの方だと、選抜メンバーの半数が替わっていたり、HKT48としては指原さんが初となるセンターだったりで注目したかもしれませんね。

この「バグ」というのは、もともとの言葉は、コンピューターのプログラムの不具合や欠陥を意味しますが、曲の中では、この「バグ」を人が行う動詞として使い、「うわ、失敗した!」「あーもーどうしよう!」「大変思考停止する、壊れそう(泣)」となってしまった状況を一言で表しています。この言葉の感覚もとても良いですよね。

子供でも歌えるリズムでありながら、人生は失敗してもやり直せるんだよ、というメッセージが込められています。

ファンの方はもちろん、子供を持つ方や、失敗しちゃって落ち込んでいる大人など、多くの人に響く一曲となっています。

 

さて、次は、AKB48 Team A 7th stage DVD「M.T.に捧ぐ」収録曲「始まる。」「コピー&ペースト」(作曲:菅井達司)をご紹介します。

MT

AKB48 Team A 7th stage DVD「M.T.に捧ぐ」は2月28日に発売となったAKB48オリジナル公演が収められたDVDです。

オリジナル公演はチームAとして5年以上ぶりであったり、開演開始の延期の発表があったりと、ファンの方にとってはまさに待ちに待った公演でした。

この「M.T.」というのは、高橋みなみさんを表しており、高橋みなみさんの意志を継いだAKB48の未来をコンセプトにしたとされています。初期のメンバーが卒業していき、新しい世代が公演でどのようなステージを作るのか、を楽しみにしていた方が多いのではないでしょうか。

ここに収録されている「始まる。」は、一言で言うと、かっこいい曲です。というのも、曲調だけでなく、衣装や振り付け、歌詞、公演中のメンバーの表情も内側から溢れる感情を出しているような印象で、腕を挙げたりするシーンは力強くかっこいいんです。

リズムはのりやすく、初めて聴く方でも違和感なく体が音にのっていきます。ステージはこの曲のときは少し暗めで、単色のライトが一人一人を照らすような演出です。

アイドルの明るさとはちょっと違う、まるで目に見えないものと闘っているように見えます。日常や社会や人間関係のなかで、生きている意味が分からなくなってしまう。でも、今できることをやるしかない、強く行くんだ、という思いを受け取れる曲になっています。

そして、「コピー&ペースト」は、「始まる。」とはガラッと変わって、女の子らしいカワイイ一曲です。

スポーティーな衣装で、照明も、カラフルでポップな色が降り注いでいます。曲は、タタタ・タタタ・タタタタ、といった覚えやすいリズム。振り付けも真似したくなるかわいらしさです。

「コピー&ペースト」は実は恋の曲で、なかなか恋心を伝えられないところを、コピペ・拡散でみんな代わりに伝えてよ!という乙女心の込められた一曲です。歌詞には、なかなか伝えられないもどかしさを感じますが、曲調が恋してる女の子の楽しさを思い出させてくれています。

AKB48の公演曲は、テレビやCDではなかなか聴けないものが多いのですが、シングル曲にも負けない良いものがたくさんあります。特にDVDでは、テレビでは見られない公演の迫力を感じられるのでおすすめです。

もしかしたらAKB48さんが一番がっこよく見えるのはこのステージの公演なんじゃないか、と思ってしまうほどです。

公演曲はなかなか普段聴けるものではない特別な感じがしますし、「始まる。」も「コピー&ペースト」もAKB48を良く知るファンの方々には、大切な一曲になっているかもしれませんね。テレビやCDとは違う、もしかしたら初めて知るメンバーもいるかもしれない、そんな、メンバーの素顔も垣間みれるDVDになっていますので、是非ごらんください。

ではまた次回!!